日本共産党区議団は、議会論戦とともに住民との共同を強め、いのちと暮らし、自治と参加の住民が主人公のまち中野区をめざし奮闘中です。
定例会質問・討論、政策・見解、区議団ニュース

2020年新年号

区議団ニュース2020年新年号

7.第15 次 東北支援ボランティア

支援募金・物資(冬物新品)のご協力をお願いします 出発は1月26日(日)です(物資は事前に取りに伺います) 今回のボランティアは現地の商店で購入した生活用品の配布、冬物の物資のバザー、劇団「じゃけん」の演劇公演を行います …

6.文化審議会が答申 哲学堂公園が国の名勝指定へ

11月15日、国の文化審議会が「名勝の指定」として、哲学堂公園を指定するよう文部科学大臣に答申しました。国の文化財として名勝指定されると、中野区は公園の樹木や各施設の保護・保存が求められるとともに、国や都からの財政的な支 …

女性差別撤廃へ 意見書採択

日本が1985年に女性差別撤廃条約を批准して35年経ちましたが、性暴力や男女賃金格差、差別的扱いなど、性別による差別が撤廃されたとは言いがたい状況です。 条約の実効性を確保するために、共産党が意見書案を提案。会派「育緑」 …

5.区民要求の実現で暮らし応援の区政へ

昨年12月の区議会に来年度予算で検討中の主な取り組み(案)が示されました。党区議団が求めてきた事業や、区民からの要求が強い事業が盛り込まれています。拡充が図られる事業もあります。引き続き、区民の願いに根ざした政策を掲げ、 …

4.羽田新着陸ルートは撤回を

政府が実施しようとしている羽田新着陸ルートにより、航空機が中野区上空を1時間最大で44回通る見込みとなっています。これまで都心上空を通る着陸ルートがなかったのは国と自治体が協議し、このルート設定をさせなかったからです。落 …

3.社会保障削削減から充実の年に

安倍政権は来年度、75歳以上の医療費や高額介護サービス費、介護施設の自己負担引き上げなど、さらなる社会保障削減を行おうとしています。「高い保険料で暮らしも限界」という声も相次いでいます。保険料引き下げに足を踏み出すことが …

2.消費税は今こそ5%に減税を

「2%だけど、じわじわと苦しくなっていると感じる」「これ以上の値上げはできない」と、10月の消費税増税に対する苦しい思いの声が寄せられています。「集めたお金をちゃんと使ってくれるなら・・・」という声もありますが、消費税が …

1.2020年 変わる区政を区民とともに

羽鳥だいすけ 区民委員会(委員長) 交通対策調査特別委員会 小杉一男 子ども文教委員会 交通対策調査特別委員会 来住和行 建設委員会 地域包括ケア特別委員会(委員長) 浦野さとみ 総務委員会 地域包括ケア特別委員会 長沢 …

カテゴリー

Counter

  • 177541Pageviews:
  • 64974Visitors:
  • 2016年4月1日since:
PAGETOP