(1)「子育て先進区・中野」へ大きな一歩

●子どもの権利条例制定へ

党区議団は、条例の考え方や制定に向けた方法について質し、人権侵害に関する相談や救済申し立てに係る制度の構築についても提案。

●子どもの貧困に対する実態調査の実施へ

党区議団が一貫して求めてきた「子どもの貧困に対する実態調査」について、「具体的な調査方法等について、研究、検討」する旨の答弁を引き出しました。

●学童クラブ保育料の減免実施へ

学童クラブ在籍児童の第2子以上に対する軽減措置の実施の求めに、半額程度の制度創設を検討中。学童クラブの待機児童の解消についても質しました。

(2)震災対策に朗報

●23区唯一実施していなかった木造住宅の耐震補強工事助成
●通学路を含む狭あい道路のブロック塀等への支援制度
●感震ブレーカーの普及促進策、とくに高齢者・障害者のみ世帯へ
●家具転倒防止器具の取付け助成の普及ための利用しやすい助成制度
⇒実施に向けて検討へ

(3)核兵器廃絶にむけ

平和首長会議に参加へ党区議団が本会議で繰り返し求めてきた平和首長会議への加盟は、新区長のもとで参加が表明されました。新区長は、被爆者団体等が望んできた「ヒバクシャ国際署名」にも署名。核兵器廃絶と平和を願う中野区の意思を示しました。

(4)公契約条例制定へ大きく前進

党区議団が繰り返してきた条例制定について、新区長の下で「制定に向け検討」と初めて答弁がありました。労働者の生活と健康を守り、公共工事の質を守るために実現が求められています。