核兵器禁止条約の署名・批准を求める意見書(案)
 本年7月7日、国連会議において、人類史上初めて核兵器を違法化する核兵器禁止条約が、国連加盟国193カ国中122カ国の賛成多数で採択されました。原爆投下から72年、唯一の被爆国として被曝の実相を伝え、二度と核兵器による惨禍を繰り返してはならないと訴え続けてきた被曝者の運動と、核兵器廃絶を求める世界の人々の願いが実を結んだ、歴史的な壮挙です。
 この条約は、加盟国に核兵器の開発、保有、実験、使用だけでなく、核兵器による威嚇行為も禁じている画期的なもので、核保有国にも参加する道もつくられています。核兵器の非人道性を身をもって体験した日本は、条約の立場に立って、核兵器廃絶に向けて先導的な役割を果たすべきです。
 よって中野区議会は国会及び政府に対し、早急に核兵器禁止条約に署名・批准することを求めます。
 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出いたします。

年 月  日
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣 
内閣総理大臣   あて
外務大臣
防衛大臣 
中野区議会議長名
反対は自民(13名)、公明(9名)、都民ファ(3名)