本町・東中野の2つの地域図書館を廃止し、建て替える第十中学校に新しい図書館として統合する計画が、区によって示されました。利用者・地域住民にまともな説明もなく合意もないこんな計画は許せません。地域図書館にはその地域の中での特別の役割があり、中間地点に新たな図書館を設置するからといって地域の図書館を廃止する理由にはなりません。また中野区は、この先小中学校に「地域開放型図書館」を設置するとしていますが、これは法的に学校図書館であり地域図書館の代替えにはなりません。
中野区の図書館行政の在り方そのものが問われています。