沖縄の米軍基地は撤去を沖縄では、米兵・軍属による凶悪犯罪や米軍基地での事故が繰り返されている。米軍は事件があるたびに、再発防止を約束するが実効性はなく、基地がある限り犯罪や事故をなくすことはできない。基地を撤去すべきとするオール沖縄県民の「基地と暮らしは両立しない」という声について、6月19日、「中野子どもネット」が主催する交流会が開催され、保育園や児童館、小学校の関係者、区内の様々な団体・個人が参加し、それぞれが直面している問題や意区長の見解を伺う。
区長安全保障上のさまざまな条件から、沖縄県及び関係自治体に大きな負担をお願いしていることは、十分認識している。しかし、基地の存在が即、犯罪につながっているとは考えない。
熊本地震を教訓に防災を① 避難所運営マニュアルは、東日本大震災での教訓を生かし、女性に配慮した内容に改定されているのか。② 外国人避難者に対応するための協力体制を整備すべきでは。
③ 木造住宅の耐震補強・改修工事への補助制度の実現を求める。