3月14日、所管委員会にて区が示した再整備基本計画(素案)は左図の通りです。1月末の再整備構想(案)から若干の変更はありましたが、現行の「いつでも・誰でも・自由に・安全に」に出入りできる草地広場内への陸上競技トラック設置に固執。
現少年スポーツひろばを多目的広場とし、約2400㎡も拡張整備するため300本も樹木を伐採する素案となっています。

区民の声は

2月末に開催された3回の意見交換会にはのべ120名以上の方が参加。構想案に対する賛成意見は1つもありませんでした。陸上競技トラック整備によって現在の草地広場の利用に制限が加わること、多目的広場拡張に伴う防火樹林帯伐採への懸念が多数出されました。

党区議団は

平和の森公園開園に至った歴史的な経過、利用者や区民の声をまともに聞かずに計画策定を推し進めようとする区の姿勢を繰り返し質し、緑とひろばの平和の森公園を守れの立場で論戦をおこなってきました。

中野区のスケジュールは

● 平成28(2016)4月
基本計画(素案)に対する意見交換会(区役所9階会議室)
4/8(金)・4/11(月)午後7~9時、4/10(日)午後2~4時
● 平成28(2016)5月
基本計画(案)策定・パブリックコメント実施
● 平成28(2016)6月 基本計画策定、基本設計等
● 平成29(2017)年度~工事
● 平成31(2019)年度 開設