平和の森公園は区民の憩の場

「平和の森公園を現状のまま残して」ほしいという同趣旨の陳情7本が総務委員会にかかりました。新体育館建設と屋外スポーツ機能を平和の森公園に整備することで、現状の公園利用ができなくなることを心配した区民・団体から出されたものです。
陳情審査に先立ち、区から「平和の森公園の再整備及び新体育館の建設について」の報告がされました。現在の平和の森公園を、新体育館建設と軟式野球が行える多目的グランド、陸上競技トラック等、約1haの未開園を含めて整備をしていくというものです。区は、現在の少年スポーツ広場のところに新体育館を建設し、草地広場に陸上競技トラックを整備しようと検討しているようですが、「現行の利用ができなくなる」、「広域避難場所としての役割を弱める」、「区民運動でつくられた歴史的意義を損なう」などの区民・利用者の不安・懸念に応えようとしていません。そもそも、区民にまともに情報提供することなく性急に計画をつくり整備を図ろうとしていることは許されません。今定例会では陳情は継続審査となりました。陳情採択めざして引き続き力を尽くします。