5月28日に西武新宿線踏切渋滞解消促進期成同盟の決起大会が開催され、「開かずの踏切」解消のため、西武新宿線「連続立体交差事業」中井~野方駅間の「着実な推進」と、野方~井荻駅間の「早期実現」を求める決議と宣言を採択しました。期成同盟は2004年に「区内全線の地下化」を求めて結成されたものです。中井.野方駅間の地下化が動き出した今、野方~井荻駅間についても、「高架化」も含む「連続立体交差」ではなく、「地下化」を正面に掲げた運動が必要です。