本決議は、文部科学省の教科用図書検定調査審議会の答申を理由に、議会が教育委員会に対し、政治的干渉・介入をするものです。
来年の中学校教科書の採用にあたっては、国の教科書検定で合格をした中から、特定の教科書を各教育委員会で採択させようとする動きが強まっています。自民党内では、教科書問題についての「日本の前途と歴史教科書を考える議員の会」が活動を再開し、特定の教科書採択をすすめる運動を展開しています。また、侵略戦争を美化している日本会議は、公民や地理の教科書で、特定の教科書が高得点になるよう採点をつけ評価しています。今回の決議は、まさにこうした流れを推し進めようとすることを狙ったものです。
現場の子どもたちや先生、学校ごとの意見こそ尊重すべきです。