工事が進む中野駅北口

中野駅北口広場の工事が進み、様相が一変しています。
中野区役所の西側、警大等跡地の整備が進み、4月1日には「中野四季の森公園」が開園しました。
区内唯一の大規模公園とはいうものの1.5haの公園では、南側の超高層ビル(高さ100m 幅150mのセントラルパーク・サウス)を始めとする巨大ビルに挟まれた中庭のようです。
今後、区立中野中学校の建設、その南側隣接地には、区民運動の成果でもある0.6haの新たな公園が整備される計画ですが、それでも当初計画の4haには及びません。
東京湾北部地震など、大規模地震を想定した震災対策の見直しが迫られています。
広域避難場所としての安全性や機能強化を図るため、党議員団は、さらに区役所移転用地を公園として整備することを提案しています。
区は、区役所や体育館の配置の検討を言い出しましたが、区役所とサンプラザの一体開発を進めるのがもともとの狙いです。際限のない大規模開発は改めるべきです。


(中野区パンフより)