日本共産党区議団は、議会論戦とともに住民との共同を強め、いのちと暮らし、自治と参加の住民が主人公のまち中野区をめざし奮闘中です。
定例会質問・討論、政策・見解、区議団ニュース

2012年4月号

区議団ニュース2012年4月号

総括質疑

来住和行 人材センターの支援を 中野区の「事業見直し」による影響は、シルバー人材センターに大きな打撃となります。 自転車駐車場運営、区報発行頁減等によって年間3600万円も業務収入が削減されることになります。1700人の …

一般質問

長沢和彦 虚構の財政非常事態―― 福祉・教育守れ 区は、「財政非常事態だ」、「財政調整基金はここ2・3年で底をつく」と言って、区民施策の廃止、削減、負担増等を行おうとしている。しかし、財政調整基金だけでなく目的基金を含め …

区役所移転建て替え用地は公園(四季の森)の拡張に

工事が進む中野駅北口 中野駅北口広場の工事が進み、様相が一変しています。 中野区役所の西側、警大等跡地の整備が進み、4月1日には「中野四季の森公園」が開園しました。 区内唯一の大規模公園とはいうものの1.5haの公園では …

(仮称)障害者総合福祉法日本共産党提案で意見書採択(要旨)

全国の障害者・支援団体の代表55名が参加した「障がい者制度改革推進会議総合福祉部会」は、障害者自立支援法に代わる「障害者総合福祉法」の制定を求め、同法の骨格に関する提言をまとめました。この提言は「私たち抜きに私たちのこと …

図書館の指定管理者やめよ

区教育委員会は、区立図書館全館を民間に任せる「指定管理者制度」を導入し、来年4月から実施するための議案を提出しました。この制度によって、中央館を含め、中野区の図書館施策は民間事業者に委ねられてしまいます。区教委は計画や調 …

区民施策切り捨て予算に反対組み替えを提案し、奮闘

区立杉山公園(本町6-15) 歴史ある公園がマンション建設によって冬場の太陽が奪われると地域で公園守れ!の運動が広がっています。 就学援助基準の引き下げや福祉タクシーの削減、地域生涯学習館の廃止など、福祉・教育施策の廃止 …

カテゴリー

Counter

  • 39631Pageviews:
  • 11169Visitors:
  • 2016年4月1日since:
PAGETOP