廃止の理由は、指導員の確保が難しくなり、児童の安全確保が困難、学校側からも廃止の要望が強いとのことです。代わりの施策として、区内全小学生(5・6年生)を対象に150人程度参加できる「海での体験学習事業」を、来年度から民間事業者に委託して実施することを予定しています。
区教委は、PTAに説明をして、11月下旬には決定しようとしています。子ども文教委員会では「廃止や来年4月実施ありきは納得できない」などの議論がありました。子どもの意見も聞くべきです。