提案した国への意見書案の要旨は、「福島第一原子力発電所の事故は、日本と世界の人びとに大きな衝撃を与えました。
歴代政府が、「安全神話」にしがみつき、繰り返しの警告を無視して安全対策をとらなかったことが、どんなに深刻な結果をもたらすかも明瞭となりました。
原子力発電所を、世界有数の地震・津波国であるわが国に、集中的に建設することは危険きわまりないことです。日本に立地している原子力発電所で、大地震・津波にみまわれる可能性がないと断言できるものは一つもありません。
よって、中野区議会は国会及び政府に対し、原子力発電からの撤退を決断し、原子力発電所をゼロにする期限を定めたプログラムをつくることを強く求めます」というものです。
この意見書案に反対したのは、自、公、民、無所属の林、いながき議員。退席は石坂議員です。