中野区が独自調査を実施しない中、6月4日から10日までの期間、日本共産党中野区議団が独自に区内59箇所で空間放射線量測定を実施。ビラやホームページ、Twitterなどでお知らせをした4箇所の測定場所には、延べ40人以上が参加。これをきっかけとして、区民の方々による会が発足。会では、独自署名や要望書の提出など、大きな運動に発展しています。区民の皆さんの運動と共産党議員団の取り組みが、確実に区を動かしています。
今後も、食品汚染問題など必要な対応について、皆さんとともに取り組んでいきます。