採択された区議会決議は「改正された学校教育法では、義務教育の目標の一つとして、『我が国の郷土の現状と歴史について、正しい理解に導く』ことが規定された。これらの教育法規の改正に基づいて改訂した学習指導要領により教科書会社は教科書の編纂を行なった。教育基本法の改正内容や学習指導要領の改訂を十分理解し、適切な教科書採択を行なうよう求めている」としている。
結局は、侵略戦争讃美、憲法敵視の「新しい歴史教科書をつくる会」系の教科書採択を求めているものです。このことは、教育への政治的干渉であり、極めて危険なことです。