岩永しほ子


後期高齢者・特定・がんの3つの健診無料化を求めました。区長は「負担の公平性や健康意識の向上」のためと拒否。一方、サンプラザや区役所一帯開発に国の財源を求めてでも推進する姿勢をあらわに。自民党、公明党が与党の中野区政は税金の使い方が間違っています。区役所の組織再編では、大規模開発プロジェクトの推進を重視し、教育行政にまで直接干渉できるような提案があり、区民から乖離する組織再編の問題点を質しました。
地域センターの7月廃止の中止も求めました。

牛崎のり子

介護保険制度について

厚生労働省の、介護保険の見直し案は介護保険の利用料・保険料の大幅値上げ、サービスの削減をねらうもの。区の「第5期介護保険基本計画」にむけて、保険料を上げず、サービスの抑制もしないという姿勢を示せと質す。
特養ホームの増設は、待機者ゼロをめざせと求めた。

障害者施策について

精神障害者の自立支援に欠かせない、ショートステイの整備、グループホームの増設を求めた。
点字ブロック・車椅子対応の公園のトイレのバリアフリー化を求めた。

せきと進議員

家庭ごみを有料化するな

中野区が、家庭の燃やすごみを有料にしようと準備を進めています。区民の生活は年々苦しくなっており、新たな負担は認められないと迫りました。

保育園を増設せよ

政府は、使っていない国有地を貸しつける制度をつくりました。弥生町や江古田の国有地が該当します。都有地も活用が期待できます。区有地では旧桃丘小学校に開設するよう求めました。
沼袋駅前通りの拡幅は、時期や道幅に柔軟性をもたせること。沼袋小廃校後の活用は住民の意向に沿うこと。