日本共産党区議団は、議会論戦とともに住民との共同を強め、いのちと暮らし、自治と参加の住民が主人公のまち中野区をめざし奮闘中です。
定例会質問・討論、政策・見解、区議団ニュース

2011年1月号

区議団ニュース2011年1月号

1101_12

第4回定例会の一般質問

岩永しほ子 後期高齢者・特定・がんの3つの健診無料化を求めました。区長は「負担の公平性や健康意識の向上」のためと拒否。一方、サンプラザや区役所一帯開発に国の財源を求めてでも推進する姿勢をあらわに。自民党、公明党が与党の中 …

就職難打開の施策を求める意見書

「就活地獄」なる言葉が広く通行するようになり、百社以上に応募したが全部ことわられた話などが報道されていますが、これから社会に出ようとする若者が、百回以上も「あなたはいりません」と連続で通告され、傷つくさまは見るに耐えませ …

「組織改正」条例反対討論

区民生活支援を置き去り 緊縮財政をいいながら、大規模プロジェクトは推進をはかる一方、地域住民への対応や福祉窓口でのきめ細かな対応などの身近なサービスのあり方は、具体的な姿がさっぱり見えない。しかも、国保や介護保険の分野・ …

国保料4月からまた値上げ-反対の区民運動を

今年の4月から、23区の国保料の算定方式が変更され、そのため保険料が大きな影響を受けます。平成23、24年度は経過措置として軽減策が実施されますが、それでも、例えば65歳以上の年金収入200万円で住民税非課税の2人世帯で …

日本共産党中野区議団 年頭の決意

岩永しほ子 今年4月の都政、区政のあり方を問う政治戦。くらし、介護、子育てなどを支える政治へ、6期24年間の経験をフル稼働させて取り組みます。 牛崎のり子 平和と人権を守り、人が人として大切にされる、新しい希望ある政治の …

区民要求実現の先頭に!都知事・区議選、闘いぬいて前進の一年に

左からかせ次郎(厚生委員会)、岩永しほ子(総務委員会)、山口かおり(子ども文教委員会)、植木こうじ(前都議)、浦野さとみ(党医療・福祉対策責任者)、牛崎のり子(区民委員会)、金子洋(党くらし相談室長)、来住和行(子ども文 …

カテゴリー

Counter

  • 39631Pageviews:
  • 11169Visitors:
  • 2016年4月1日since:
PAGETOP