認可保育園を希望しながら入園できない児童が300人を超えていることから区議団は繰り返し認可園の増設を要求。区長にも緊急の要望をおこないました。
この度、中部保健福祉センターの跡を活用し、来春4月に一歳、二歳それぞれ20人の定員で保育室を開設することになったことは一歩前進です。同時に、事業は民間委託、しかも3.5年の期間で、営利企業の参入が心配されます。認可園の増設を引き続き求めていきます。
申し入れした学校の少人数学級も、35・30人学級に大きな一歩が踏み出されることとなりました。