日本共産党議員団が提案した国への以下の意見書が全会一致で採択されました。(要旨)

中野区は小中学校再編計画により、中央中学校と第九中学校は平成24年度に統合し、統合新校校舎が竣工するまでの平成24年度から26年度までの間は、現在の第九中学校の校舎を使用する予定としています。
警察大学校等跡地の土地利用計画では、学校用地の南側に国家公務員宿舎が配置されることになりました。しかし、昨年11月に政府が事業仕分けを行い、「公務員宿舎の在り方については、速やかに関係省庁間において検討を行ない、宿舎の建替えについては、その検討を踏まえ実施することとし、現在中野四丁目の公務員宿舎建設計画は中断されています。中野区議会は国に対し、国家公務員宿舎用地について、新中学校用地として中野区へ無償貸与されるよう強く求めました。