警大跡の現在の計画図

現在の警大跡地大規模再開発計画では、公園と中学校の間に国家公務員宿舎がはさまる配置になっていますが、共産党議員団はかねてより、教育環境と防災機能のためにも宿舎建設は中止して、土地を中学校の拡張用に転換すべきであると訴えてきました。
2009 年11月27日、新政権の事業仕分けによって、国家公務員宿舎の建て替えが凍結となりました。国のこうした動きを受けてか、昨年12月の区議会では、共産党だけでなく他党も、宿舎用地を学校用に取得するよう求める質問をしました。区も、中学校の環境がよりよいものとなるよう、国への働きかけなど必要な手立てを尽くすと、これまで聞いたことのない前向きな答弁に変わってきました。
学校用に転換させ、公園と校庭をつなげましょう。