福島第一原子力発電所事故による放射能汚染への区民不安が広がっています。党区議団は中野区長に対し、放射線量の測定を区として独自に実施することを求めてきました。
区長が、区民と区議団の要望にこたえる意思を示さない中、区議団は区民の方々とともに6月4日から10日まで、区内59箇所68地点で放射線量の独自調査をおこないました。

測定方法

○地上高1m、50cm、10cmを、それぞれ10秒間隔で10回読み取り、各平均値を算出
○測定日は、2011年6月4日~10日
○測定器は、ALOKA PDR-101型 ポケットサーベイメーター

年間1mSv(ミリシーベルト)の積算の根拠

ICRP(国際放射線防護委員会)の「ALARAの原則」の考え方に基づき約0.12μSv(マイクロシーベルト)/hの放射線量を24時間365日で受ける積算線量とした。なお文科省や東京都が根拠とする「屋外に8時間、木造家屋内(低減効果0.4)に16時間」と仮定した場合には、約0.19μSv/hとなる。

測定結果