中野区内の放射線量測定結果について

福島第一原子力発電所事故による放射能汚染への区民不安が広がっています。党区議団は中野区長に対し、放射線量の測定を区として独自に実施することを求めてきました。
区長が区民と区議団の要望にこたえる意思を示さない中で、区議団は区民の方々の協力も受けて6月4日から10日まで、区内59箇所68地点で放射線量の独自調査をおこないました。

測定方法

〇地上高1m、50cm、10cmを10秒間隔で10回読み取り、各平均値を算出。
〇測定日は、2011年6月4日~10日。
〇測定器は、ALOKA PDR-101型ポケットサーベイメーター

年間1mSvの積算の根拠

ICRP(国際放射線防護委員会)の「ALARAの原則」の考え方に基づき約0.12μSv/hの放射線量を24時間365日で受ける積算線量とした。なお文科省や東京都が根拠とする「屋外に8時間、木造家屋内(低減効果0.4)に16時間」と仮定した場合には、約0.19μSv/hとなる。

区内の放射線量を独自に測定

 紙面では公園の測定のみを掲載─
中野区内の放射線量測定結果(日本共産党区議団実施)
全結果は団ホームページをご覧下さい

番号 公園名 μSV/h 番号 公園名 μSV/h
1 武蔵台公園 0.057 2 鷺宮西住宅 0.072
3 丸山公園 0.065 4 オリーブ公園 0.057
5 西大和公園 0.067 6 ふれあい広場 0.073
7 大和公園 0.067 8 丸山塚公園 0.067
9 江古田の森公園 0.070 10 江原公園 0.064
11 平和の森公園 0.065 12 柏公園 0.067
13 こまどり公園 0.064 14 新井薬師公園 0.061
15 哲学堂公園 0.068 16 上高田北公園 0.067
17 上高田台公園 0.075 18 上高田2丁目公園 0.061
19 打越公園 0.067 20 紅葉山公園 0.066
21 桜山公園 0.074 22 住吉公園 0.070
23 けやき公園 0.080 24 高根公園 0.068
25 城山公園 0.072 26 中央西公園 0.065
27 さんかく公園 0.072 28 小淀公園 0.070
29 杉山公園 0.088 30 東郷公園 0.070
31 花見公園 0.080 32 栄町公園 0.054
33 弥生公園 0.066 34 南台公園 0.069
(μSV/h=マイクロ・シーベルト)




測定実施中 下は測定器

日本共産党中野区議団 新しくスタート

岩永しほ子(子ども文教委員会副委員長)

7期目の議員活動が始まりました。久しぶりに文教関係の委員会に所属しました。福祉と防災、教育、安心して暮らせる中野への取り組みに全力を尽くします。

浦野さとみ(区民委員会)

医療現場で8年間、リハビリの作業療法士として働いてきました。一人ひとりの命や健康が大切にされる区政実現のため全力でがんばります。

かせ次郎(区民委員長)

いのちと暮らしを守ることこそ区政の務め。震災へのそなえを万全に、原発ゼロめざして奮闘します。

長沢和彦(総務委員会)

大震災・原発事故は、経済効率一辺倒の政治がいかに国と自治体の役割を歪めてきたかを明るみに。区民の命と財産を守るため力を尽くします。

来住和行(建設委員会)

1107_10

石巻市に救援・復興活動に参加し、公約とした福祉と防災のまちづくり、原発ゼロ・待機児ゼロ・特養待機ゼロ実現に決意新たに全力をあげます。

東日本大震災(地震・津波・原発事故)支援・復興に日本共産党は全力

東日本大震災から100日がすぎ、死者・行方不明者2万3千人。避難者は12万人余。中野区内にも被災地から277人の方々が避難され不自由な避難生活を強いられています。
日本共産党は、全党をあげて支援・復興活動に取り組み、党区議団も石巻市に第二次派遣を計画しています。いまこそ政治の役割が強く求められています。